ルミガン(lumigan)

lumigan_7

ルミガンはまつ毛貧毛症の人のための薬です。
まつ毛を太く、長く、濃くする、女性にとっては夢のような薬です。

本来は緑内障の治療薬として使われていましたが、緑内障患者から「まつげが伸びた」という報告が相次ぎ、まつ毛美容液としての副作用へ着眼し、「ルミガン」として製品化されました。

まつげエクステやつけまつげに頼らず、ふさふさのまつげになれるのが、このルミガンです。
ルミガンは薬局などでの市販はなく、専門の美容クリニックや、個人輸入での購入に限られます。

ルミガンの使用方法

ルミガン使用方法として、まずは洗顔をして患部を清潔にし、ルミガンを専用のアプリケーターに1滴垂らします。
この際、コンタクトレンズは外しておきましょう。
そして、アプリケーターを上まぶたのまつ毛の生え際に、アイラインを引くようにして塗って下さい。
軽く湿る程度で大丈夫です。
その後回りに付いた余分な薬液を拭き取って下さい。

これを1日1~2回、行いましょう。

薬液が残ると、色素沈着などがあるため、注意してください。

ルミガンの副作用

ルミガンの副作用として、人によっては稀に痒みがあります。
その他には、充血、目の乾き、違和感、まぶたの黒ずみ、等があります。

もし、痒みや痛み、腫れなどの異常があった場合、必ず医師に相談するようにして下さい。

ルミガンを使用には、まつ毛が伸びるまで根気が必要です。

また、注意する点として、ルミガンを使用する際は専用のアプリケータを左右に付き各一本使い捨てで使用し、コットンなどの使用は避けましょう。
たくさん塗っても効果が大きくなるということはなく、痒みなどのリスクが上がる可能性があるため、量を守りましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ