アイピル(i-pill)

12261419_52bbbc68f1eb8

アイピルは、モーニングアフターピル「ノルレボ」のジェネリック医薬品です。

モーニングアフターピルと呼ばれる緊急避妊薬アイピルの有効成分レボノルゲストレルには、卵子の受精と着床を抑制する効果があります。
避妊に失敗した場合、決められた時間内にアイピルを服用すれば、望まないタイミングでの妊娠を防ぐ事ができます。

アイピルの妊娠回避効果は非常に強力で、その効果は性交渉後24時間以内に服用すれば95%、72時間以内の服用だと75%の避妊効果があると言われています。

アイピルはジェネリック医薬品ですので、ノルレボよりお求めやすい価格で購入する事ができます。
緊急避妊薬は、医療機関で購入すると1万円~と高価ですが、アイピルは1錠3000~4000円程度と半額以下で購入することができます。

個人輸入代行サイトでアイピルは購入できますが、個人輸入サイトでの購入は、注文後到着までに1週間~2週間程度期間を必要とするため、万が一のお守りとして、パートナーがいる場合は持っておくことをおすすめします。

アイピルの服用方法

性行為後、72時間以内にアイピルを1錠、水またはぬるま湯で服用してください。

性行為後から服用までの時間が短ければ短いほど避妊率が高くなり、24時間以内に服用すれば、より避妊率が高くなります。

性行為後72時間を越えた場合、避妊効果は期待できないため、注意が必要です。

アイピルは副作用の強いお薬で、女性の負担の大きいお薬であるため、緊急時のみに服用してください。
常日頃からの避妊を大切にしましょう。

アイピルの副作用

アイピルを服用すると、一気に女性ホルモンを大量に摂取することになる為、吐き気・頭痛・めまい・倦怠感・胸の張り・下腹部の痛み・不正出血などの副作用が24時間以内に起こる事があります。
吐き気は、吐き止めの薬を飲むと落ち着きます。

妊娠中の方は服用しないで下さい。

緊急用ですので、毎日の服用は禁止です。
毎日の避妊はコンドームや、低用量ピルなどで行い、避妊を失敗したときにだけ、アイピルを使ってください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ