トリキュラー(triquilar)

b5f2d96bb06b484dd3cbdd3f3de24e2a

トリキュラーとは、排卵を抑えることによって妊娠を回避する避妊薬です。
日本では1999年に避妊薬として承認され販売されています。

トリキュラーの有効成分は、レボノルゲストレル(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)です。
これらの有効成分が排卵を抑えるために働きます。

このトリキュラーの効能は、実は避妊だけではありません。
卵巣がんや子宮体がんの予防効果も期待できます。
また、生理痛や生理不順を改善したり子宮内膜症の予防にも、その効果が期待できます。

トリキュラーの服用方法

トリキュラーの服用方法は、1日1回1錠を毎日同じ時間に、説明書に記載されているように服用していきます。

21錠タイプの場合、赤い錠剤が6錠、白い錠剤が5錠、黄色の錠剤が10錠入っています。
この色の違いは、それぞれ成分量の違いによるものです。

基本的には生理日の1日目に赤い錠剤から、1錠を毎日同じ時間に服用していきます。
生理日初日からトリキュラーを服用することで、トリキュラー服薬初日から避妊効果を得ることができます。
赤い錠剤を6日間飲み続けたら、白い錠剤を5日間、黄色の錠剤を10日間、全部で21日間トリキュラーを服用し続けたら、7日間薬を服用しない休薬期間を設けます。
この休薬期間のあいだに、生理(消退出血)がやってきます。もしも休薬期間中に生理(消退出血)が来なくても、避妊効果はあるため、7日間の休薬期間が終わったらまたトリキュラーの2シート目を服用してください。

服薬を忘れた場合、避妊効果は得られなくなってしまうため、1日でもトリキュラーの服用を忘れた場合や、服薬が約3時間以上遅れてしまった場合は、また次の生理日を待って、トリキュラーの服薬を開始してください。

21錠タイプの場合、7日間の休薬期間後の服用忘れがあるため、服薬忘れ防止のためには、休薬期間中用の偽薬が入っている28錠タイプもあります。
服薬忘れを避けるなら、28錠タイプもおすすめです。

トリキュラーの副作用

トリキュラーは低容量ピルですので副作用はあまり無いと云われていますが飲み初めには頭痛や吐き気がしたり乳房痛や乳房の張りが出たりすることもあります。
ただ、これらの副作用はあくまでも一時的なものですのであまり心配することはありません。
トリキュラーの服用を続けていくうちにだんだんと慣れてきますのでこういった副作用も出なくなってきます。

しかしながら、トリキュラーを飲み続けると血が固まりやすくなるという傾向があります。
ですから、血栓などの病気を持つ方は注意してください。

服用を続けることによって、手や足に痛みが出たり痺れが感じられることも稀に起こります。
こうした場合には、医師に相談して下さい。トリキュラー服用時には定期的な検診を受けることをお勧めします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ